2016年10月04日

Story #2

Story #2 前回、マフラーの話で終わったので過去のデータをイロイロ見ていたところ、
OVER Racingのマフラーは他メーカーに比べても、
サイレンサーのデザインや素材のバリエーションが豊富な方ではないかなと思います。

当時のセスミック(SESMIC)シリーズ全盛期には、
排気量に分けて、末尾に2や3付けたサイレンサーのラインナップなどです。

Story #2 最もシンプルな直管タイプやスーパービッツといった極小サイレンサーのタイプ。

『スーパービッツ』
ネーミングが良いですね?

その後にフォッカーなど、テーパーサイレンサーデザインのタイプも人気がありました。

Story #2 個人的には、スーパービッツやフォッカーのようなスタイルが好きでして、
このようなデザインを多くイメージし取り入れたマフラー開発をしていました。
このスピリッツは現在のGP-XLに引き継いだつもりです。

Story #2 当時は、スチールをメインの素材で使っていて、ガス溶接で生産していました。
MIGと言われる半自動機もありましたが、ほとんどのマフラーをガス溶接で行っていました。

現在主流の素材は、チタンやステンレスですから、TIG溶接で生産しています。
どっちが優れているとか、技術的にどうかという事はないですが、
ガス溶接ができる職人は少ないですね。

Story #2 OVERでは、SR400(FI)用の最新マフラーにフルチタンの手曲げモデルがあり、
現在でも手曲げの製法を行っているラインアップもあります。。
その他、OVERグループの旧車を扱うmotoJOYでは、
絶版車用マフラーに手曲げで製作していますので、その技術は健在です。

Story #2 マフラーの製法で、もう一つ特徴的なのが「輪切り」です。
ちなみに、海老(エビ)管と呼ぶそうですね、お客様からの問合せで知りました・・。

輪切り製法は、手曲げでも機械曲げでもなく、ストレートのパイプを角度をつけて短くカットし、
そのピースを一つずつ溶接で繋いでアール(曲がり)を作ってパイプを形成していきます。
サイレンサーエンドでもワンポイントのデザインに加えたりしています。

Story #2

Story #2 最近の商品では、Ninja1000、MT-09、GROMなどに採用しています。
極端に小スペースで管長を確保する必要があるときに、
この方法が用いられますが、なんと言っても時間がかかります。
しかし、この溶接技術と手作業によることのみが生み出す造形美が魅力です。

Story #2 長年のレース活動の中でワンオフのスペシャルマフラーとしては、
頻繁に作っていたのですが、コスト面から市販マフラーに採用することはありませんでした。

OVERで初めて『輪切り製法』が採用されたのはモンキー用のマフラーで、
その時はコスト的なことはあまり気にせず、そこから解禁となったような気がします。

Story #2 社内の最新工作機械だけでなく、手曲げ、手溶接、手作業ってことの面白さなどなど、
当時の製法やスピリットを現OVERファクトリーで働く若者達には、
これからも引き継いでいきたいと思っています。

毎日、そんな気持ちでマフラーの開発と製作に取り組んでいます。

つづく。


2016年09月13日

Story #1

Story #1 OVERに入社して20数年が経ち、会社の様子だけでなく、
製造から製品に関わるイロイロなことが変化しています。
このページでは、私の知るOVERの歴史をお伝えする場としたいと思います。

まずは、そんなことを思い立った理由の一つ。
私のいる事務所から見えるショールームには、OV-15Aが並んでいます。
毎朝、これらの横を通り過ぎて事務所に入ります。
今見ても20年前のバイクとは思えない斬新さがありますね。

Story #1 現在43歳になった私がOVERに入社した25年前、
OV-15Aの原型となるOV-15が鈴鹿8耐に参戦している時代でした。

その翌年には後継マシンのOV-15Aが参戦し、
何より忘れることもできないことは、私が8耐メカニックとしてのデビューもその年でした。

当時は、レーサーだけではなく、ストリートバイクとして市販もしましたので、
鈴鹿の工場で先輩方がコツコツと生産していた風景を思い出します。
レース部門、量産部門、とにかく作る作るを繰り返しの毎日で、
忙しさを含めて、とても懐かしく思います。

Story #1 何年か前になりますが、個人的にOV-15Aを所有していたこともあります。
TDM850エンジンのサウンドは、ツイン独特のものがあり、本当に楽しいバイクでした。

Story #1 そして、もう一つ注目したいのがマフラーの形状です。
車体のデザインに合わせて、とても凝ったデザイン&造りになっています。

近年では真円だけでなく、異型サイレンサーも当たり前ですが、
20年前はオーバル/楕円形すら珍しく、
さらにエンドのキャップ部分がスラッシュ形状になっていました。

製法的な話ですると非常に製作が困難なことや、大量生産が前提の車輌メーカーですら、
ほとんど採用していなかったかと思います。
もちろんOVERはハンドメイドですから…、なおさらです。

Story #1 現在、OVERサイレンサーのシリーズでTT-Formula/RSという最新モデルがあります。
H2やMT-09など、ほとんどのビッグバイクのマフラーに採用しています。
OV-15Aのような専用サイレンサーのスピリッツを受け継いだ製品となることを
イメージし開発に取り組みました。

エンド部や筒の形状など全てのイメージを、現在の生産技術に落とし込み、
空気抵抗とバンク角に有利となる機能的なデザインはもちろんのこと、
OVERの独創的なデザイン、チャレンジスピリッツをも継承しているのです。

Story #1 さらには、このTT-Fサイレンサーの形状はOVERの代表的なマフラーであるセスミックの
リブ形状を連想させる意図をもったデザインコンセプトになっています。

Story #1 20年前でも現在でも、いつ見ても”OVERらしい”って思っていただけることが、
私達、アフターマーケットのパーツメーカーとして、製品造りの喜びです。


つづく。


2016年09月06日

"OVER HISTORY BLOG" coming soon.

近日中に新しいページがオープンします。
coming soon!!




カレンダー
«   2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新の日記

月別の日記一覧

投稿者一覧

  • RSS
  • RSSとは