2018年06月27日

富士スピードウェイに行きました。

富士スピードウェイに行きました。 週末はLOC/富士スピードウェイに行ってきました。
雨の練習走行から、雨の予選になるとは、
少々厳しい始まりとなりましたが、梅雨時ですから仕方ないです。

富士スピードウェイに行きました。 全員が各々のを持参するため、相変わらず工具箱の数が・・・。
ホンダx2、ノートンx1、ヤマハx1、しかも2ストなので、
工具やスペアパーツが異なるため荷物も増えます。

富士スピードウェイに行きました。 今回のTeam、OVER Classics&moto-JOYを紹介します。

OVER佐藤会長号、1968年製 ホンダCB450。
9月のホッケンハイムに向けて用意したマシンで出場。
見事クラス優勝です。

富士スピードウェイに行きました。 moto-JOYお客様号 1961年製 ノートン ドミネーター。
残念ながら予選中のトラブルで決勝には出走できず。
雨の影響もあったのでしょうか、残念です。

富士スピードウェイに行きました。 moto-JOY加藤号、1971年製 ホンダ CB350。
今回は外装もバッチリ仕上げてきました。
見事リニューアルデビューウインでクラス優勝です。

富士スピードウェイに行きました。 OVER高橋社長号、1970年製 ヤマハ DX350。
今回は350ccに排気量とクラスを上げての出走です。
イロイロ試して進化中とのことです。
次戦はライバル加藤号とのバトルを期待します。

富士スピードウェイに行きました。 午後からの決勝はキッチリと晴れてドライでの走行ができました。
前回同様、出走前は大忙しのため画像がありません。

私にとってもスタート前は本当にエキサイティングな時間です。
選手と同じような気持ちで、一発でエンジンが掛けれるように、
緊張してスターターを回しています。

富士スピードウェイに行きました。 さて、今回のレースが終わると、すぐに整備に取り掛かり、
ホッケンハイムに向けてバイクを発送です。


佐藤会長号と加藤号はmoto-JOY工場で整備中のようです。
高橋社長号はOVER工場で整備中です。

富士スピードウェイに行きました。 今週中には各々が整備を完了し荷造りします。
工具、スペアパーツ、ツナギやヘルメットも一式揃えて、
スイングアーム担当の坂口さんが作った見事なアルミ枠x4台に積込みます。

その他、書類の作成などなど。

呼ばれなくても私の出番です。

富士スピードウェイに行きました。 最後になりましたが、アプリリアRX125が届きました。
マフラーを開発しようと検討中です。

もう少し開発状況の情報収集をして、
次回こそは、本業に徹した内容にします。

それでは、またです。


2018年06月22日

久しぶりに空港へ。

配達の日です。
けっこうな数を納品に向かいます。
ヤル気が出ます。

久しぶりに空港へ。 その前に、出張に出かける社員を空港へ。
とにかく、何でもかんでも出かけるついでに仕事を詰め込みます。
OVERの精神です。

久しぶりに空港へ。 空港までですが、運転してもらいました。
久しぶりの助手席は、左に寄りすぎているような感覚で落ち着きません。
私は運転している方が気分が楽です。

久しぶりに空港へ。 空港滞在時間、2分。
この写真を撮るためだけに車から降りました。

一仕事完了です。
朝マックをどこで買おうか次のルートを考えながら、
安全運転で配達の目的地へ向かいました。

久しぶりに空港へ。 さて、話はここからは仕事が終わってからの話です。
クラブ活動的な部分です。

今週末の富士でLOCに向けて準備をしました。
前回、エンジンをブッ壊した高橋社長は350ccに変更し、
参戦するそうです。

久しぶりに空港へ。 クラス変更に伴い、ゼッケンのベース色も変更になるという、
副作用があります。

呼ばれなくても私の出番です。

久しぶりに空港へ。 開発中の新型車両達はリフトから降ろし、
特等席での作業です。

久しぶりに空港へ。 出来栄えは60点くらいです。
カウルの湾曲に沿えず、シワがですね・・・、綺麗に貼れませんでした。
今回はこれで勘弁してもらいました。

このマシンは9月にホッケンハイムで行われるクラシックレースに参戦予定です。
その時は今回の3倍くらいの時間と、5倍くらいの集中力で、
ゼッケン貼りを行おうと思います。

久しぶりに空港へ。 エンジン慣らし中の高橋社長。
こちらも新型車両達を降ろして、さらに2ストオイルを撒き散らしながら
ダイナモチェックしていました。

8耐合同練習も間近の今日この頃、
2ストサウンドを響かせている会社は鈴鹿ではOVERくらいでしょう。
しばらく8耐にも出ていませんが、まだまだレーシングスピリットは忘れずにいます。

それでは、よい週末を。

って書いて、公開をクリックしたつもりが、
アップできてないことに気がついた月曜の昼休み・・・。

あらためまして、それでは、またです。


2018年06月20日

TT-Formula RS+PROサイレンサーの話。

先日から引っ張り続けているX-MAXとN-MAX125は、
念願の取材を受けることができました。

TT-Formula RS+PROサイレンサーの話。 本当は良くないですけど、撮影中を横から撮影したり・・。

やっぱり撮影にはこういうのが必要のようです。
会社の備品として揃えようと思います。

TT-Formula RS+PROサイレンサーの話。 少し雨も降ってきましたので、拭きながらの撮影です。

TT-Formula RS+PROサイレンサーの話。 基本的に自ら拭き作業をしていただきます。
弊社での取材時はセルフサービス方式です。


ところで、都会の方が来られるとついつい話が長くなります。
撮影だけでなく、今回もイロイロと聞くことができました。
ありがとうございました。

TT-Formula RS+PROサイレンサーの話。 さて、X-MAXとN-MAXだけでなく、マフラーの開発が進んでいます。

TT-Formula RS+PROサイレンサーの話。 新型TT-Fornula RS+PROのラインナップを増やそうと、
CBR250RRもテスト中です。

スリップオンとフルエキ2-1のどちらも予定しています。

まずは、スリップオンの騒音テストに向けて、
音量の測定などなどです。

TT-Formula RS+PROサイレンサーの話。 TT-Formula RS+PROのブラケットは車種別に設定しています。
せっかくなので、HP上ではほとんど掲載しない車体内側からです。

TT-Formula RS+PROサイレンサーの話。 それにしても、私のいる事務所からマフラー開発の部署が近いためか、
ついついマフラーの話に偏ってしまいます・・。
次回こそは、マフラー以外の話で推そうと思います。

明日は朝から出かけますので、道中、しっかり考えたいと思います。

それでは、またです。




カレンダー
«   2019年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の日記

月別の日記一覧

投稿者一覧