2017年02月22日

Story #5

今回はマフラー以外のスペシャルパーツについて話をします。
OVERの商品ラインナップの中でも、マフラーに次ぐ人気商品がバックステップです。
その歴史は、30年前の創業とほぼ同時期にスタートしました。

当時のバックステップは非常にシンプルな構造で、レーシングユースを最優先に考えて、
メンテナンス性やレース中の転倒時にも交換の容易さが求められたからです。
もちろんOVレーサーのフィードバックです。

Story #5 大きな流れとして、チェンジペダルやブレーキペダルのピボットが
ステップバーと同軸にする事でダイレクトな操作感を考慮した構造でした。

ポジションは、かなりバック(後方)でアップ(上方)の設定が多く、
バンク角を増やし、ライディングポジションを前傾にすることが最大の目的でした。

また、当時は純正ポジションが、最近の車種よりも前方で低かったことから、
バックステップに交換するニーズに大きな意味があったと思います。

Story #5 当然、ライバル他社からも多くのバックステップがリリースされていましたが、
その中でもOVERバックステップの特徴はステップバーとペダル部に
ハードアルマイトを施していたことです。

製作にはアルミ材の中でも強度のある種類を使用していますが、
さらなる強度の必要性を感じ、可動する部位には特にこだわりました。
ハードアルマイト色とアルミシルバーとのツートンのコントラストに、
OVERのオリジナリティーを感じられる商品となっていたのでは・・と思います。

Story #5 第2世代のシリーズとして進化したのが、ペダルピボット部のOリングです。
ダストトラブルを最小限にすると同時にガタも小さく耐久性が向上しました。

そして、デザイン面でも大きく変化します。
これまでは板材を切り出した様なペラペラ感のあるデザインだった物が、
マシニング加工の技術進歩によってポケット加工や肉抜き加工が
以前よりも繊細に表現することが可能になったことから、
立体的で曲線を活かしたデザインとなっていきます。

Story #5 この頃から、レーシングユースだけではなくストリートチューニングにも
バックステップは浸透し、車種ラインナップの幅も広がった時期に思います。

第2世代後期には、カーボン製ヒールガードを採用したラインアップが登場し、
アルミシルバーのベースプレートにハードアルマイトのマッドゴールド、
ドライカーボンのブラックと素材の持つ色が性能を感じさせました。

Story #5 さて、いよいよ話は第3世代に入ります。
現在では定番となっている4ポジションステップの登場です。

ライダーとオートバイの接点であるステップポジションは
ハンドルやシートと同様、
ライダーに合わせて変更できるのが理想です。
その要望に対応するため考案したのが、ベースプレートを2ピースにする構造です。

その後、商品化した全ての商品は4ポジションを基本設定とし、
人気車種では1ポジションから再設計し、リニュ-アル発売していました。

さらに、4ポジションタイプのもう一つのメリットが
フレームに取り付けるベースプレートだけを交換することで、

本格的なレーシングポジションを設定できたり、
ロングランも可能なスポーツ&ストリート向けステップに変更できる事です。

Story #5 そして第4世代でGPパフォーマンスシリーズをリリースしました。
機械加工技術の向上や、社内工場のマシニング設備の充実化により、
これまでの2次元加工から2.5次元加工を取り入れた立体的なベースプレート、
またはヒールガードの
強度を向上させる事に着目し新設計しました。

Story #5 同時に、これまでのペダルピボットを同軸タイプから、
ペダルピボットを独立させ、
転倒時の衝撃にステップバーが曲がり、
同軸であったがために可動部へのダメージが軽減できる方法を考案しました。

その他、可動部にはボールベアリングの採用で、
よりスムーズに精度の高いシフトフィーレイングを追求し、

ステップキットとして全体的なレベルを上げた製品をリリースしていきました。

Story #5 そして現在、第5世代に入ろうとしています。
その大きな流れの一つにラジアルマウントタイプが挙げられますが、
すでにKawasaki Ninja H2には採用されています。
このラジアルマウント方式の今後の発展や展開については
また次の機会にお話しいたします。

OVERが過去と現在のバックステップでも採用してきたように
アルミ材の種類、カーボンヒールガードやハードアルマイト仕上げなど、
一つのパーツの中に素材の個性を活かすことが、
カッコ良く、使い勝手が良いカスタムパーツだと信じて、
OVERらしいオリジナリティーを求め続けたいと考えています。

つづく。




カレンダー
«   2017年02月   »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最新の日記

月別の日記一覧

投稿者一覧

  • RSS
  • RSSとは