2018年07月28日

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。

Z900RS用パーツを追加ラインナップ中です。

まずは、ブレンボ2P/カニ用キャリパーサポートです。
上側にも下側にもマウントできます。
ブレーキホースは必要ですので、この機会にメッシュホースしたり、
取り回しでレーシーにきめてください。
画像は下側マウントのシルバーです。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 色もシルバーとブラックです。
画像は上側マウントのブラックです。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 続きまして、スプロケットカバー。
カバー類の第一弾です。
単なるスプロケットカバーではなく、チェンジアーム(エンジンとの連結部のカム)を
しっかりとホールドし、チェンジ動作の節度を向上させています。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 エンジン周りのカバー類は、まだまだビッグなヤツが追加予定です。
試作品を削り最中のようです。
楽しみです。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 さらにマフラーのサウンド動画もアップしました。
お待たせいたしました。ってとこです。

商品の詳細ページからご覧いただけるようにしています。

Z900RS用GPパフォーマンス4-1のサウンドを聴いてみよう。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 さて、いよいよ8耐が始まりました。
OVERはいつも通り仕事です。

しかし、気になる、気になる、気になります。
私だけコソコソと観るのは良くないと思いますので、
全員で観戦してしまおうと急遽パブリックビューイングです。
社長を含め、巻き込み作戦が成功です。

食堂の壁にプロジェクターで映し出してもらい、準備OKです。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 3時半に全員で予選を観戦しました。
台風が近づいていることもあり、トップ10トライアルは計時に変わりました。
ドラマがあって良かったです。

個人的な話になりますが、
私は8耐に参戦したくてOVERに入社し、鈴鹿に引っ越してきました。
入社12年、参戦できたのは3回です。
すでに3回も夢を叶えさせてもらったと思っています。

さぁ、明日は雨のレースになりそうですが、
いつものコーナーで観戦して、
次を夢見て4回目の作戦を考えようと思います。

それでは、良い週末を。


2018年06月01日

GP-PERFORMANCE XLの話。


モトモトさん5月号の表紙に載ったおかげで、
モンキー用GP-PERFORMANCE XLマフラーの人気に火がつきました。
2018年上半期、売上ランキングが急上昇のモンキー用マフラーです。

GP-PERFORMANCE XLの話。 今回は、そのGP-PERFORMANCE XLをご案内します。
GP-XLと呼んでください。

GP-PERFORMANCE XLの話。 まずは、ネーミングの由来です。
サイレンサーがボリューミーなことからLLサイズ、XLサイズってわけです。
φ100サイズのサイレンサーはミニ用では採用していなかったサイズゆえに、
大きく見えたのが話の始まりです。

ネーミングに関して、時間はかけて考えますが、
基本的にはカンタン&シンプルな発想で決めています。

GP-PERFORMANCE XLの話。 モンキー用。

品番13-01-48です。
前回の画像のように新型モンキー125用にも設定したいです。

GP-PERFORMANCE XLの話。 その後、SR400でも採用しました。
ショートサイレンサーがタイトにレイアウトされて、
ダートトラッカーのイメージが、個人的にすごく気に入っています。

品番16-401-11です。

GP-PERFORMANCE XLの話。 最近では、CBR250RRのフルエキにも使っています。

GP-PERFORMANCE XLの話。 ちょっと変化球はZ900RSで採用したスラッシュエンドのタイプです。
エンド形状の違いでイメージも変わります。

GP-PERFORMANCE XLの話。 最新作は、GROM(18)用です。
残念ながら、排ガス規制と騒音規制の都合上、
2018年モデル用のみとなります。

GP-PERFORMANCE XLの話。 ここで少しアナウンスです。
純正ステップにのみ対応としていましたが、
この度、バックステップキットを追加ラインアップしました。

GP-PERFORMANCE XLの話。 少ない組合せとは思いますが、純正マフラーが取り付け可能です。
もっと少ない組合せと思いますが(無いと信じています。)、
純正ステップに対応する他社製マフラーも対応するのでは??
と思います。
確認できないので、あくまでも想像です・・・。

それでは、みなさん、よい週末を。


2018年05月09日

Z900RSのスイングアームができました。

ゴールデンウィーク前から更新が止まっていました。
連休のことを考えると、ウキウキして心ここにあらず状態で・・・。
今週からしっかり更新します。

ちなみに、連休は仙台に行きました。

さて、Z900RS用スイングアームができました。
工場で溶接したてを撮影できましたので、早速アップします。

今週中に撮影を完了し発売間近です。

Z900RSのスイングアームができました。 画像はType-11です。
Type-7からType-11をラインナップします。

気になる販売価格は、
Type-11 定価181,000円
Type-10 定価181,000円
Type-9 定価142,000円
Type-8 定価155,000円
Type-7 定価125,000円
それぞれ税別です。

Z900RSのスイングアームができました。 特徴的なサス受け(リンク受け)です。
このパーツは今回のZ900RS専用に新設計しました。

最近のモデルはスイングアームも特徴的なデザインが多く、
ぞれぞれ専用設計が必要なパーツが増えてきているようです。

Z900RSのスイングアームができました。 これは、スタビ無しモデルのType-9です。

Z900RSのスイングアームができました。 画像を見て思い出しましたが、
純正チェーンガードが取り付けで可能なように、
小さなステーが標準で溶接されています。

上画像のType-11は、これから取り付け作業をするそうです。

Z900RSのスイングアームができました。 どのTypeも基本で純正チェーンガード用のステー付きです。

もし、必要が無い場合は、ご注文時にお伝えください。
取り付けをしないで製作します。

Z900RSのスイングアームができました。 Type-9は装着画像がありました、ありました。
先日のスタジオ撮影で撮ってもらっていました。

このように純正チェーンガードが取り付け可能です。
Type-9とType-10は画像のようなスタンドフックも標準装備です。

Z900RSのスイングアームができました。 『今週もいっぱい作ってるなぁ。』
って思いながら適当に工場内で撮影していたのですが、
これも新商品だったようです。
2018年モデルのNinja250/Ninja400用です。

ウロウロと撮影している時に言ってくれれば・・・。
一枚しか撮影していないので、次回にします。

それでは、またです。




カレンダー
«   2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の日記

月別の日記一覧

投稿者一覧