2018年05月28日

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。

4月の終わりの話です。
全国ZRX1200DAEGミーティングに参加しました。
180台近くのDAEGが集まりました。

いろいろなカスタム車両を見させていただき、
とても勉強になりました。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 以前から何度かお問合せをいただいていた事の一つ。
他社製DAEG用エキパイの場合、フレームとのクリアランスが少ないため、
サブフレームの取り付けが厳しいかも!?ってご質問に少しお答えします。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 開発時に、その情報はありましたのでクランプをギリギリまで薄くし、
エキパイ側に張り出さないように設計はしています。

画像は純正エキパイとの組み合わせです。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 OVER製フルエキ(25-811-01/25-811-02)では、
十分なクリアランスをとってレイアウトしましたので、
画像のように余裕があります。

しかし、フレームへ迫り来るエキパイもあるようで、

他社製品のマフラーは付けてみるまで分からないことがほとんどです。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 先日もお電話で同じご質問をいただいきましたので、
少しでもこのモヤモヤは晴らそうと思い立ちました。

出来る範囲ではありますが、ちょっと測ってみました。
何とか参考にしていただけたらと思います。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 クランプの一番薄い部分。
フレームより前側で、エキパイに一番近くになるであろう部分です。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 クランプのボルト部分、一番厚くなる部分ですが、
ここはエンジン側になるので、エキパイには影響しないと思われます。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 クランプ位置のイメージとしては、上の取付け画像より、
オイルラインが通ってる部分など参考にしてください。

ちなみに、ちょうど通りかかった坂口さんをアシスタントに使って測りました。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 さて、今後、予測されるお問合せとして新型モンキー125です。
もちろんマフラーはすぐに取り掛かります。

今は創造を広げています。
高橋社長に作ってもらったイメージ画像。

TT-Formula/RSサイレンサーです。
12インチには300mm長のサイレンサーの組み合わせは、
車体が大きく見えて、かつスポーティです。

ZRX1200DAEGから新型モンキー125の話。 GP-PEFORMANCE XLでも長さがちょうど良い感じです。

サイドカバーも付けてみました。
イロイロと新商品を開発したいですね。
スイングアーム、ホイール、ハンドル周りなどなど。

新型モンキー125の発売が楽しみです。

それでは、またです。




カレンダー
«   2019年07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新の日記

月別の日記一覧

投稿者一覧