2018年08月29日

モンキー125、続報。

モンキー125用マフラーが騒音テストに向けて、
イロイロなサイレンサーで試作が続いています。
まずは、フラッグシップモデルのTT-FormulaRSです。

モンキー125、続報。 12インチの車格にはピッタリな感じです。
これは間違いなくラインナップ決定です。

モンキー125、続報。 GROM用とホボホボ同じレイアウトと、
サイレンサーの内部構造だそうですので、
価格もGROM用と同じくらいでリリースできます。

TT-Formula/RSで、72,000円(税別)くらいを予定しています。
 

モンキー125、続報。 続きまして、GP-PERFORMANCEです。
やっぱりモンキーにはGPサイレンサーを欠かせません。
こちらも300m長がシックリきます。

モンキー125、続報。 まずは騒音規制をクリアできるよう、
9月アタマにある試験に向けて開発&調整中です。

伝統のモンキー用GP-PERFORMANCEは、
価格も伝統の65,000円(税別)で販売したいですが、
こればかりは私が決められないことですので・・・。
 

モンキー125、続報。 モンキー125の隣では、GROM用マフラーも進んでしました。
ツインメガホンマフラーです。
サイレンサーのデザインを活かすため、
エキパイからレイアウトを見直し開発したそうです。

モンキー125、続報。 エンジン下にはサブチャンバーのような物が見えます。
これを採用するのか否かは、まだ聞いていません・・・。

GROM用マフラーも騒音規制をクリアし、近日発売予定です。

それでは、またです。
 




カレンダー
«   2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の日記

月別の日記一覧

投稿者一覧