2020年04月19日

OV-29G ベーシックパターンの完成

OV-29G ベーシックパターンの完成 本来は、2020東京モーターサイクルショーへ展示する予定で製作しましたが、
出る幕がなくなりましたので少し寂しいです。

このOV-29の仕様コンセプトはベーシックです。
つまり、できるだけ低コストで組み上げました。
OV-29Gフレームキットが税込299,200円
組み立てに追加購入したパーツは、
1)ハリケーン:ハンドルバー ミニスワロー (P7/8インチ) ブラック
2)デイトナ:パワーアドバンス パワーフィルター 取付口径(φ42) ラウンドオーバル(ストレート)
3)エムデザイン : フロントゼッケンカウル HRC公認
4)
エムデザイン : アンダーカウル HRC公認
以上の4点の購入総額は35,000円前後でした。

ちなみに、使用したベース車輌(グロム前期型)は中古車で25万円。



 

OV-29G ベーシックパターンの完成 そして今回は新たに開発したスリップオンタイプのマフラー。
エキパイはノーマルを使用することでコストを抑えると同時に触媒も装備されECOライド。
画像のマフラーはチタン製ですが、同形状でステンレス製のものを発売します。
こちらは税込27,500を予定。

OV-29G ベーシックパターンの完成 OV-29の特徴の一つにトラスフレームがあります。
ハイテン鋼管をTIG溶接で組み上げ、パウダーコーティングで仕上げています。
基本形状は先代のモンキーやKSR110エンジンを搭載するレース用フレームを継承しながらも、
新たにシートレールをアルミ製とすることで軽量化しつつバッテリー搭載を可能としています。
スロットルボディは付属のアダプターによって前方に配置。
これは今後のアップグレードパーツとして、ラムエアシステムを効率的にパッケージするためでもあります。

OV-29G ベーシックパターンの完成 ハイブリッドフレームとも見える割合でE/GマウントからS/Aピボットにかけてアルミ製となります。
スチールトラスとアルミビレットの融合はスペシャルバイクならではでしょう。
眺めているだけでワクワクしてきます。このサイズであれば、頑張って部屋に飾ることも可能かも。
オプション設定で、グロム純正のサイドスタンドが取り付けできるホルダーも販売します。

OV-29G ベーシックパターンの完成 少し上方からの画像です。タンクカバーとシートカウルの形状がわかりやすいと思います。
これまで、12inchレーサーのタンクはNSR50用をベースにした物しかありませんでした。
どうしても1990年前後レーサーレプリカのデザインから脱却できませんでした。
中にはRS125用を流用したり自作したりというケースも見られますが、一般的ではありません。
だからこそグロム純正のインナータンクを活かし、できるだけ現代風のデザインに注力しました。
もう、2020年ですから。
 

OV-29G ベーシックパターンの完成 今回のOV-29Gの組み立てに要した金額は、ベース車輌と塗装代を除くと 36万円ちょっとでした。
グロム(前期型)をお持ちの方であれば、このぐらいの金額で本格的な12inchスポーツバイクに変身できます。
このプロジェクトにはOVER RACINGの念いの一つが込められています。
それは、全国にたくさんある小規模サーキットや、少しのスペースでも出来るモトジムカーナなど、
気軽にモータースポーツを楽しむ人が増えてほしい、ということ。
もちろん市販のバイクでもOKなのですが、タミヤのレーサーミニ四駆のように自分で作って走らせるのは、
もっとワクワクすると思いますし、夢中でバイクを改造したり整備したりする時間も格別です。
気軽に楽しめて、カッコ良いバイクで、安全なパワーと場所で、こんなコンセプトのバイクです。
OVERのレーサーミニバイクが少しずつ広がっていけばいいなと、夢見ています。

次回は、OVER製グロム用カスタムパーツや、他社から販売されているE/Gチューニングパーツなどを
組み込んだ様子、構想中のラージホイール仕様のことや、OV-29で遊ぶイベント&レースなどなど、
お伝えできればと思います。
 


2018年07月28日

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。

Z900RS用パーツを追加ラインナップ中です。

まずは、ブレンボ2P/カニ用キャリパーサポートです。
上側にも下側にもマウントできます。
ブレーキホースは必要ですので、この機会にメッシュホースしたり、
取り回しでレーシーにきめてください。
画像は下側マウントのシルバーです。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 色もシルバーとブラックです。
画像は上側マウントのブラックです。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 続きまして、スプロケットカバー。
カバー類の第一弾です。
単なるスプロケットカバーではなく、チェンジアーム(エンジンとの連結部のカム)を
しっかりとホールドし、チェンジ動作の節度を向上させています。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 エンジン周りのカバー類は、まだまだビッグなヤツが追加予定です。
試作品を削り最中のようです。
楽しみです。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 さらにマフラーのサウンド動画もアップしました。
お待たせいたしました。ってとこです。

商品の詳細ページからご覧いただけるようにしています。

Z900RS用GPパフォーマンス4-1のサウンドを聴いてみよう。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 さて、いよいよ8耐が始まりました。
OVERはいつも通り仕事です。

しかし、気になる、気になる、気になります。
私だけコソコソと観るのは良くないと思いますので、
全員で観戦してしまおうと急遽パブリックビューイングです。
社長を含め、巻き込み作戦が成功です。

食堂の壁にプロジェクターで映し出してもらい、準備OKです。

Z900RSの新商品、そして午後はサボりました。 3時半に全員で予選を観戦しました。
台風が近づいていることもあり、トップ10トライアルは計時に変わりました。
ドラマがあって良かったです。

個人的な話になりますが、
私は8耐に参戦したくてOVERに入社し、鈴鹿に引っ越してきました。
入社12年、参戦できたのは3回です。
すでに3回も夢を叶えさせてもらったと思っています。

さぁ、明日は雨のレースになりそうですが、
いつものコーナーで観戦して、
次を夢見て4回目の作戦を考えようと思います。

それでは、良い週末を。


2018年06月01日

GP-PERFORMANCE XLの話。


モトモトさん5月号の表紙に載ったおかげで、
モンキー用GP-PERFORMANCE XLマフラーの人気に火がつきました。
2018年上半期、売上ランキングが急上昇のモンキー用マフラーです。

GP-PERFORMANCE XLの話。 今回は、そのGP-PERFORMANCE XLをご案内します。
GP-XLと呼んでください。

GP-PERFORMANCE XLの話。 まずは、ネーミングの由来です。
サイレンサーがボリューミーなことからLLサイズ、XLサイズってわけです。
φ100サイズのサイレンサーはミニ用では採用していなかったサイズゆえに、
大きく見えたのが話の始まりです。

ネーミングに関して、時間はかけて考えますが、
基本的にはカンタン&シンプルな発想で決めています。

GP-PERFORMANCE XLの話。 モンキー用。

品番13-01-48です。
前回の画像のように新型モンキー125用にも設定したいです。

GP-PERFORMANCE XLの話。 その後、SR400でも採用しました。
ショートサイレンサーがタイトにレイアウトされて、
ダートトラッカーのイメージが、個人的にすごく気に入っています。

品番16-401-11です。

GP-PERFORMANCE XLの話。 最近では、CBR250RRのフルエキにも使っています。

GP-PERFORMANCE XLの話。 ちょっと変化球はZ900RSで採用したスラッシュエンドのタイプです。
エンド形状の違いでイメージも変わります。

GP-PERFORMANCE XLの話。 最新作は、GROM(18)用です。
残念ながら、排ガス規制と騒音規制の都合上、
2018年モデル用のみとなります。

GP-PERFORMANCE XLの話。 ここで少しアナウンスです。
純正ステップにのみ対応としていましたが、
この度、バックステップキットを追加ラインアップしました。

GP-PERFORMANCE XLの話。 少ない組合せとは思いますが、純正マフラーが取り付け可能です。
もっと少ない組合せと思いますが(無いと信じています。)、
純正ステップに対応する他社製マフラーも対応するのでは??
と思います。
確認できないので、あくまでも想像です・・・。

それでは、みなさん、よい週末を。




カレンダー
«   2020年05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の日記

月別の日記一覧

投稿者一覧