2019年11月19日

KATANA(19-)

KATANA(19-) KATANA(19-) カスタムパーツが全て出そろいました。
前回の時点では難航していたマフラーもしっかりと完成しました。
なかなか他では見られないOVERらしいカスタムに仕上がっています。
では前回紹介分も含め全てご紹介していきます。


 

KATANA(19-) まずは一際存在感を放つこのマフラー。
フルチタン メガホンマフラーです。
刀の切先とGSX1100Sのイメージをもとにデザインされました。
メガホン形状のサイレンサー、切先鋭いエンド、スパッと切られたような美麗なスラッシュカットになっています。
音量は大きすぎず小さすぎず、ほど良い音量を出せるように設定しています。
Suzuki4発の気持ちの良いサウンドはそのままに、低音部分を強化し心地よく響くサウンドになりました。
 

KATANA(19-) 続いてはエンジンガードスライダーです。
KATANA(19-)用として3つ目のスライダーが開発されました。
今まで販売してきたスライダーとは用途が違い,エンジン部の保護に重きを置いています。
エンジンカバー型にする事によって、車体全体のイメージを壊しにくくすスタイリッシュなデザインに仕上げることが出来ました。
ジュラコン部分は削り出しにする事で厚みをしっかりと残したまま、バンク角も稼げるような形状を形にする事が出来ました。

KATANA(19-) ここからは以前紹介したものになりますのでさらっと紹介していきます。
まず残り2種類のスライダーです。
レーシングスライダーとエンジンスライダーです。
レーシングスライダーはGSXS1000Fにも使用できる、カウルなどに干渉しないように作られたスライダーになります。
もちろんKATANAにも使用できエンジンスライダーに、比べお求めやすい価格になっています。
エンジンスライダーはKATANA用として開発されました。
ベース部分の面積を増やすことで力を上手く逃がしフレームなどのダメージもより軽減することが出来るようになりました。

KATANA(19-) スライダーはまだあります。前後アクスルスライダーです。
スイングアームやフォーク、ホイールへのダメージ軽減が期待できます。
​こちらもジュラコン部分の大きさをしっかりと確保しつつも主張しすぎない規格を決め開発されています。
今回は、スライダーの種類も豊富なのでそれぞれに合わせたカスタムを楽しむことが出来ます。
用途、見た目、価格色々な面からお好きなもの選んでお使いください。

KATANA(19-) 続いてはバックステップになります。
GSXS10000Fと共通のものになります。
取付確認時に少し調節され、よりKATANAのセパハンとより相性が良くなりました。
ほど良いバックステップポジションはツーリングなどの普段乗りから、スポーツ走行まで様々なシーンで使いやすくなっています。
また純正よりも剛性の向上や操作性の向上が期待できますので、快適でアクティブなライディングを楽しむことが出来ます。

KATANA(19-) 続いてセパハンです。
今回の開発の中で一番こだわり開発が行われた商品になります。
カタナといえばセパハンというイメージが強いのでそのイメージに沿わせることはもちろんの事、ツーリングなどでも使い勝手が良くほど良い前傾姿勢になるようにセッティングしました。
バックステップも組み合わせることでより最適な前傾姿勢を確保しています。
取付も簡単に出来るよう、トップブリッジからの交換ではなくハンドルクランプへの取り付けになっています。

KATANA(19-) あと2つです。
続いてはフェンダーレスキットです。
マッドガード型ナンバープレートホルダーを取ることですっきりとしたリアビューになります。
OVER Racingのフェンダーレスはただフェンレスにするだけでは無く、重厚感と高級のあるデザインや色合いにより車体デザインの一つとして考えてもらえるように開発しました。
フェンレス自体にもしっかりと意味を持たせカスタムを楽しんでいたけるようになっています。
マッドガードを取り外した際の取付穴は専用のカラーとボルトですっきりと隠すことが出来ます。

KATANA(19-) 最後はスクリーンキットです。
GSX1100Sの純正形状スクリーンをそのまま取付が出来るようにステーを開発しました。
これによりGSX1100Sの面影を感じる見た目へと変化しました。
角度も調節できるためお好きな位置でスクリーンを取りつけ出来ます。
​ちなみに純正形状のスクリーンを取付できるので、GSX1100S用であれば取付が出来ます。
これはカスタムの幅が広がりそうです。

KATANAも様々なカスタムパーツを開発してきましたがこれでひと段落になります。
最初は新型KATANAとして独自路線で行くか、GSX1100Sに寄せた開発をするかすごく悩まされました。
マフラーを含め困難なことが多く、かなり悩まされました。
少々時間はかかってしまいましたが、しっかりと納得の行くものを揃えられているのではないかなと思います。
OVER Racingの良さが詰まったカッコイイカスタムに仕上がること間違いなしです。
是非お使いください。
 




カレンダー
«   2020年05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の日記

月別の日記一覧

投稿者一覧